上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それほど重大な事は書いてありませんが、先に「※素材(?)について」をお読み下さい^^

昨日ついにメソッドとして完成する事ができた(といっても、本格的に素材屋さんをやっている方々にとっては子供だましのようなものだと思いますが)、リアルタイムを参照するイベントスクリプトを用いたイベントその②です。
実は、昨日紹介した1日1回の限定イベントより、こちらの方が先に完成していました。
いやあ、努力で何とかなるもんです。
今回紹介するのは、朝昼夜で商品が変わるお店を作れるイベントスクリプトになります。
昨日公開したものと、ほとんど変わらないとか言わない(笑)

「ゲーム内の時間」ではなく、「実際の時間」を参照するイベントスクリプトです。ご注意下さい。

お手軽さ:2
根気:2
スクリプトを弄る必要性:有

必要なもの
変数:7つ

①イベントコマンドの3ページ目の右下隅に「スクリプト」という項目があります。これをクリックして、まずは以下のように記述します。

t = Time.now
$game_variables[1] = t.year
$game_variables[2] = t.month
$game_variables[3] = t.day
$game_variables[4] = t.wday
$game_variables[5] = t.hour
$game_variables[6] = t.min
$game_variables[7] = t.sec

method22.png

こう。昨日書いたものとまったく同じです。
これも、実行内容の最初に必ず記述して下さい。
これを記述しなければ、リアルタイムを変数に格納する事ができません。
上に載せてあるものをコピペで貼り付けていただければ大丈夫ですよ^^
これにより、変数1にリアルの「年」、変数2に「月」、変数3に「日」、変数4に「曜日」、変数5に「時」、変数6に「分」、変数7に「秒」がそれぞれ格納されます。

②次に条件分岐を使い、話しかけた時間帯によって会話内容が分岐するようにイベントを作ります。
例では、4~11時、12~19時、20~3時で朝、昼、夜を区分しています。

method26.png
method27.png

条件分岐を使い、変数5「時」の変数が4未満(つまり0~3時)なら夜、4以上12未満(4~11時)なら朝、12以上20未満(12~19時)なら昼、20以上(20~23時)なら再び夜の商品が販売されるようになります。
テストしてみましょう。
なお、このテストプレイを行った時の時刻は9時35分だったので……

method28.png

朝の商品を売ってくれました。
時間が経ってから、再度話しかけると……

method29.png

今度は、昼の商品を売ってくれるようになりましたね(14:23に確認)。

これを応用すれば、曜日によって商品が変わる店、日によって商品が変わる店、あるいは話しかけるたびに商品が変わる店などを作る事もできますね(もっとも、話しかけるたびに商品が変わる店なら、変数の乱数代入を用いた方が簡単ですが(笑))

店に限定しなくても、例えば1日1回話しかけたらアイテムをくれるが、話しかけた時間帯によってもらえるものが違うとか、特定の時間帯にだけ(昼間だけとか)発生するイベントだとか、ポケモンの「ジョギング」や「けいびいん」のように、特定の時間帯に話しかけた時だけバトルになるとか、発想次第でいろんな応用ができそうですね。
FPLにも実装してみようかなぁ……絶対面白そうだもの!!

検索ワード:RPGツクール VX ACE ace ツクール スクリプト RGSS3 イベント イベントコマンド イベントスクリプト 時間帯 変数 リアル リアルタイム 変わる 実際 時間 時 素材
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inumochi.blog.fc2.com/tb.php/69-d6fe5841
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。