上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10.26 暖かな衝撃。
ヒビだらけで、ボロボロの心に感覚が戻る。
感覚が戻ると、痛みが戻る。
全身が激しい痛みを訴えてくる。
希望が戻ると、恐怖が戻る。
再び希望を失う恐怖。
また、バラバラになるかもしれない恐怖。

壊れて戻って壊れて戻ってを繰り返していると、
「今度こそ」と奮起する気力が失われていく。
完全に気力が失われた自分に、また「今度こそ」が求められた。
「『今度こそ』を信じて欲しい」という声が聞こえた。

いいよ。
それで。

「今度こそ」を信じられるうちは、立ち上がってみる。
そのために、全身全霊全力を出してみる。
それを信じられるうちは、無限大の努力ができる。
そうして、これまでずっと、不可能を可能にしてきた。
恐怖を克服する力、それが勇気なら。
今さら何も怖くはない。いくらでも勇気を出す。

心に小さな希望の炎がともった。
もう一度、一生懸命に生きてみる。
夢、叶えたいから。
少なくとも今だけは、生きててよかったと思える。
これから先もずっと、そう思って生きられたらいいな。
そう願うなら、もう一度、戦わないとね。
だから戦う。
いつも言っている事。
おいらが頑張る理由なんて、それだけでいい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inumochi.blog.fc2.com/tb.php/439-d687b198
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。