上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イベント部分はほぼ完成しましたゆえ、細かい部分を修正してますよん♪
そして……えへへー♪ RGSS研究所様より、大量のスクリプト素材をお借りしちゃったー♪

お借りしたのは以下の通り。
○武器やスキルに複数の属性をつけられるスクリプト
○オートステート(特定の装備品を装備した際、自動的に特定の状態変化を付加する)スクリプト
○「盗む」スキルを作れるスクリプト
○スキルやアイテムの効果対象に「敵味方全体」「自分以外」「諸刃(敵にダメージを与えた際、自分にもダメージ)」を追加できるスクリプト
○HP消費スキルを作れるスクリプト
○MPにもダメージを与える武器を作れるスクリプト
○戦闘不能時に自動的に復活する状態変化を作れるスクリプト
○戦闘不能扱いにできる状態異常(石化とか氷付けとか)を作れるスクリプト

いやホント、おいらみたいにスクリプトをろくに触れない人からしたら、天の助けのようです^^
ゆくゆくはおいらも自在にスクリプトを使えるようになりたい……。

VX ACEって、設定だけでもたいていのことはできてしまうんだけれども、中には過去シリーズでは普通にできたのに、VX ACEではスクリプトを使わないとできない事っていうのが割とあったりするんですよね……。
オートステートはXPなどには普通にあったと言いますし、HP消費スキルにしても、ツクール3などでは普通に造る事ができたのに……(一応スクリプトなしでも、追加効果に「HP減少」を加える事でできなくはありませんが、コストではなく効果で減らすために、不足していても発動する事ができてしまう)。それでも、変数やスイッチ、コモンイベントを用いる事で、補ってあまりある可能性をもっているツールだとは思います!
さてさて、そのほかの話題は続きに書きます。
今回は多少の裏設定とか、若干のネタバレを含む内容を書きますので、前知識不要の方はお読みにならないようにお願い致します。
かまわない方は「続きを読む」をぽちっ♪


○「盗む」スキルについて
さて、上記の通り、スクリプトを使用させていただき、「盗む」スキルを搭載する事に成功いたしましたん♪
「盗む」スキルを使うのに、もってこいの人材がFPLには存在しております……はい、もちろん、ジェイド君です。

そんなわけで、近々公開予定のver.0.2においては、「盗む」はジェイドの初期技になっているのですが……ここでひとつ、お詫びとお断り。
「盗む」スキルで盗めるアイテムは、通常のアイテムドロップとは別に設定しなければならず、おそろしく面倒ですw また、それだけのためにバランスチェックもやり直さなければならないし……。
ですので今回は、「盗む」スキルは実装されていますが、実際にはスライムから「傷薬A」「導きの水晶」を盗めるのみとなっております
そんな役に立たないスキルいらねぇー!!とか言わないで下さい!!(笑
現時点ではまだまだどんなスキルやアイテム、装備品、モンスターが登場するか、おいら自身にさえ分からない状態ですから、ヘタに実装するわけにはいかなくてですね……かといって、「盗む」スキルの搭載そのものを見送ってしまうと、これもまた内部データの変更という事になってしまうので、「盗む」スキル搭載後にまた最初からやり直していただかなくてはならなくなってしまいますし……。
それはそれで申し訳ないので、とりあえず実装だけはしておいて、盗めるものは後日設定という事になりました(笑
それともうひとつ、実はとあるモンスターから、ボツアイテムを超低確率で(1%くらい?)盗む事ができます。
上記の「装備品オートステート」のスクリプトが正常に機能するかどうかをテストするために作られたもので、攻撃力は0の上に、装備すると自動的に毒状態になってしまう剣なので、まったく意味がありません(笑) ボツアイテムなので、たぶん次回更新時には消滅していると思いますが、それでもよろしければ、どうぞ盗んでみて下さい(笑) ちなみにこれを持っているのは、全く何の脈絡もないモンスターです(魔法使いが剣を落としていくような感覚?)w

○裏設定について
Bブロック最終アトラクションのボスなんですが、当初は「FPLスタッフで一番性格が悪く、さらに外道」という設定になっていました。
しかし、シナリオを実際にツクール上で制作するにあたって、あれよあれよという間にめちゃくちゃいいヤツになってしまいましたw
同じようにツクールや、あるいは劇などの脚本を作られた方なら、おそらく経験があるはず。キャラの暴走というヤツですw
制作当初の設定と、実際にできあがったものが違うという事はよくあります。ヘタすると、原型すら残っていない場合も多々ありますw
このボスは、まだ原型こそとどめているものの、「性格が悪くて外道」という部分を際立たせる事はとうていできませんでした。
それどころか、典型的な「嫌なヤツに見せかけて、実はいいヤツだった」キャラになってしまっていますw
実は味方サイドにも、キャラ崩壊が激しい方が1名おられます。
ちなみにこちらは、原型すら残っていませんw

それは、エミール嬢。

制作当初の予定では、エミールはもっとサバサバしていて男勝り。
ノア、ジェイド、エミールの3人でリナリー1人をイジリ倒すという構造になっていましたw

FPL38.png

…どうしてこうなったw

いったい誰ですかこれは? うちにはこんな大人しそうな、守ってあげたくなるような女の子なんていませ(ry どう見ても男性陣と結託してリナちゃんをイジリ倒すようなタイプじゃありませんよ、この子!?w そもそも当初はエミールという名前ですらなk(ry 素材屋さんの「ここどこ」様と「カオスポータル」様の画力に惨敗という事でしょう、画力おそるべし(笑
斯様に、グラフィックや音楽によって、当初の予定が暴走・脱線・横転・爆発炎上して、変わり果てた姿になってしまうという事はよくあるのです(笑)

…そんな感じで、今回はちょっぴり、制作サイドの裏話をしてみました。
今後も期待して待ってていただけると、とてもとても幸いです♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inumochi.blog.fc2.com/tb.php/31-8e3746e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。