上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.03 Fantasic Play Land
こんにちは!
いぬ、またはもちと申す者です。
マイクラから約1年、年度も変わって、生まれ変わっていきたいと思ってます。

さて、先月より、PC版RPGツクールの最新版、「RPGツクール VX ACE」を使い、オリジナルRPGの作成をしております。
その名も「Fantasic Play Land」!

巨大な遊園地を舞台に、100枚のアイテムカードをゲットすべく奔走する、一応、中世を舞台にしたRPGです。

どこかで聞いたような設定と、どこかで聞いたようなクリア条件をいろいろと組み合わせて、「これはオリジナルRPGだ」と言い張っている、悪い見本みたいなゲームですね(笑)

実際、完全においらオリジナルのアイディアというのはほとんどありません。
何かしら、どこかに元ネタがあります。
100枚のアイテムカードを集めるなんて、どう考えたってグ○ード……いえ、それは言わないでおきましょうか(笑)
序盤のアトラクションの構成なんて、どこからどう見てもわ○○よ……ゲフンゲフン。

とはいえ、前例がいくらでもある中で、完全にこれがパ●リ、とは言い切れないんですよね。
例えば100枚のアイテムカードを探す、なんてのはどう見てもグ○ー(ry が元ネタかと思われるかもしれませんが、100個のアイテムを集める遊園地というのは、それよりも先にボンb……という前例が存在しますし(笑)

また、作中で使われる魔法の設定は、ほとんどが国内TRPG代表「ソードワールド」の設定に頼っています。ソードワールドの魔法設定をご存知の方なら、本作品の魔法設定は理解しやすいはずです。

さすがにシナリオ部分に関してはオリジナルがほとんどですが、アトラクションのギミック、設定やアトラクションイメージなどは大概元ネタがありますので、これは何が元ネタなのかを探してみるのも面白いかもしれませんね。
作品のどの部分が、何を元ネタに使われているのかが全て分かる方は、完全に作者と趣味が合う方ですので、ぜひともお友達になって下さい(笑)細かいところまでカウントすると、少なくとも、10作品以上は元ネタが存在します。それも、ゲームばかりとは限りません。

今後しばらくは、ネタバレにならない程度に、ゲームの製作風景を紹介していきたいなと思っています。興味のある方、リアルで友達の方は、ぜひお付き合いください。
宜しくお願いいたします!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inumochi.blog.fc2.com/tb.php/1-73e4737e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。