上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.31 年末
なんですが、おいらはいつもと変わりませんねぇ(笑
今日(日付が変わったから昨日)が仕事納めだったのですが、たぶん大晦日も多少実家の拭き掃除を手伝うくらいで、ガイドブック制作や次の作品の下準備をしていると思いますし^^;

FPLの感想をいただいた方から、フリーゲームの投稿ができるサイトを複数教えていただきました^^
教えていただけるまで、こんなサイトの存在自体を知らなかった人;
ありがとうございます!

投稿…………うーん投稿……。

実のところ、迷っているんですよね^^;

やはり一本のゲームを作った者として、それを多くの方に遊んでいただきたい、という気持ちはもちろんあります。
出来映えとしては頑張ったと思いますし、すでに遊んでいただいている友人や素材屋さんなどには概ね好評です。
(不具合多かったけど! ここまでにだいぶ直しましたので、ごめんなさいね^^;)

ただ、もともと制作を始めた動機が「自分が一生遊べるゲームが作りたい」だったという、超私情(笑)
(もっとも、それは多くのツクラーさんに当てはまるのではないかと思ってはおりますが)
そんな、100%私情で作られたゲームを、フリーゲーム投稿サイトなどに公開しちゃってもいいのかな?^^; という気持ちがひとつ。

「自分の作品なんですけど、なんとなく自分のコじゃなくなっちゃうような気がする」

先日のmioさんの言葉が頭をよぎる。
なんだかすごく気持ちが理解できた気がした。

もちろんどこで公開をしていようと、FPLはおいらの作品なんですけど、不特定多数の方の目のつく所に公開をすると、なんだか自分の手を離れて行っちゃうような……うん、なんとなくだけど、気持ちが分かった。
だから、あえて手元に置いておきたい作品もあるんだね。

「世に出て行くべき」との評価もなにげに複数いただいていて、制作者としてはこの上ない幸せなんですが、うん……もうちょっと、考えてみる事にします^^
別に期限があるわけでもなし、時間はたっぷりありますから、ゆっくり悩む事にします^^

○おまけ○
デスクトップの画像を替えてみました。リナちゃん、かわいい……! 臼井の会様、リナちゃんと巡り合わせてくれて、ありがとう!!

DT.png
スポンサーサイト
Fairy Songs~失われし光の旋律(うた)~の一般公開が決定致しましたー♪
一般公開が決定したという事は、一般公開の可否をゆだねていた方からのGOサインが出たという事です わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪
その前にまずは、素材屋さんへの報告からになりますが……。

さて、一般公開が決定し、もう黙っている必要もないと思いますので、ご紹介いたします♪
なぜこの作品が一般公開まで時間がかかったかと申しますと……実はもともとはこの作品、先日奈良でお会いしてきた、作曲家のmioさんのためだけに作られた作品だったからです。
作中で使用されているBGMのmioさん率100%にして、なんと主人公自体がこの方をモデルにしたもの。
身辺の設定は、数年前のmioさんの生活をmixiやmuzieなどで可能な限りリサーチし、さらにおいら自身の想像を加えたものとなっています。
残念ながらご本人にお目にかかったのが作品完成後であるため、直近の生活を反映できていないのが残念ですけれども^^;
冒険の途上で加わる仲間にもデフォルトネームは存在するものの、基本的には好きなように名前を決めていただけるようになっておりますが、主人公だけはデフォルトネームが表示されているのもそのため(フェアリーのルルちゃんだけは、作業場に乱入した経緯があるため(12月22日の日記参照)デフォルトネームが公開情報になっております(笑))。

どうしてこのような作品ができたかという話はこちらでも何度か述べているのですが……FPLの制作に関わって下さった方への感謝の思い。
中でもmioさんは作品においてBGMの使用を快諾していただけただけでなく、作業場での楽曲紹介に対して「あたたかい」とおっしゃって下さいました。
この「あたたかい」こそおいらの心の隅々まで染み渡り、涙が出るほど嬉しかった。
特にこの1年弱は、ぬくもりなどまったく無縁の中で生きていたわけでして。
この2年ばかり、いろんな事があって、精神的にかつてないほど荒れていたんですが(以前よりましになったとはいえ、いまだに現在進行中です;)、まさに作品の主人公・ミオさんと同じように、おいらの心に光を差し込んでくれた人なんです。

だからこそ、感謝の思いを形にしたいと思って、実際に形になったのが、この作品です。
(しかし訴えられたら負ける)
おいらが行動に移すのに、大きな理由なんて必要ありません。
大切にしたいと思える誰かのために。
駆け引きも損得勘定も見返りも不要です。
こんな些細な理由だけで十分です^^

Fairy Songs~失われし光の旋律(うた)~ 7大特色
①絵本の世界が舞台になっているRPGです。
舞台は絵本の世界。魔王を勇者が倒す……という、典型的なファンタジーです。ただし、過去の日記で「おいらの作風は正統派に変化球を加えたもの」と述べたとおり、主人公は到底英雄候補といえるような(剣が得意だったり、魔法が得意だったり)キャラクターではなく、もともと何の戦闘力もないキャラクターになっています(そりゃあ、上記のとおり、もともとが英雄候補どころか作曲家ですからねぇ)。

②ザコ敵モンスターとの戦闘がないRPGです。
作中にザコモンスターとの戦闘はありません。例外的に唯一存在するのが、チュートリアルを兼ねた最初のザコ敵戦のみ。レベル上げがいっさいできず、さらに回復アイテムも含め、消費アイテムがいっさい登場しないゲームなので、プレイした全員が原則同じレベル、同じ条件下で戦う事になります。
唯一自由に編成が可能なのは、戦闘参加メンバー(最大4人)の選択のみです。
それだけに、戦闘不能には注意が必要です。戦闘不能のままボスを倒してしまった場合、そのキャラクターには経験値が入らないので、他のキャラクターに大きく出遅れてしまいます(戦闘に参加しなかった控えのメンバーには、勝利時に経験値が入りますのでご安心下さい)。

③アクション要素の多いRPGです。
ザコ敵戦がない代わりに、ダンジョンでは魔物がプレイヤーの妨害をします。
魔物に触れても体力が減ったりするなどのペナルティはありませんが、マップの最初に戻されてしまいます。魔物に触れないようにボスの部屋を目指すのが、このゲームでのメインの冒険になります。

④短時間で終わるRPGです。
プレイ時間はおよそ2~3時間の短編ですので、気軽にプレイする事が可能です。

⑤ストーリー分岐がないRPGです。
絵本の中の舞台という事で、童話をイメージして物語を制作しています。さくさく読み進める事が出来るように、余計なストーリー分岐などはいっさいありません。

⑥人間がいないRPGです。
純粋な人間はモブキャラまで含め、主人公ただひとりという、人間率1%の作品です(笑) 残り99%は亜人や妖精、動物、幻獣、魔獣類……ここまで人間が出ないというのもある意味すごいな(笑)

⑦シナリオメイキング講座にも使えそうなRPGです。
短い作品ではありますが、制作の教科書のごとく起承転結がはっきりとしている作品です。
シナリオメイキング講座をご覧になって興味を持たれた方は、ぜひ体験していただけると幸いです^^
なんかだんだんシナリオメイキング講座というより、ファンタジーRPGについてのお約束ごとや概論みたいになってきてますね^^; しばらくはこんなネタが続くかと思われます。しかしもうちょっと書きたい事を書いたら、シナリオメイキングに関連の深い内容に戻るかと思われますので、もう少しお付き合い下さいね^^

今回のテーマは、封建制について。
封建制というのは中世の君主と臣下の関係に深い影響を与えている制度で、一言でいえば「土地を介した君主と臣下の関係」です。ただし、ヨーロッパの封建制と、日本の封建制では考え方が異なりますので、これを知っておく事は重要ではないかと思います。

日本における封建制とは、頭目や大名が付き従う武士に領地を与え、武士はその御恩として、領地を与えてくれた頭目のために戦うというものです。
いわゆる「御恩と奉公」ですよね。
ただし日本の封建制とは、単なる主従の関係だけにとどまりません。
今で言うなら、親子の関係に近いものなのです。
頭目や大名は土地を与えるだけではなく、その武士が困窮したり危機に陥ったりした時には援助をしたり援軍を送ったり、サポートを惜しまなかったようです。
そうなると武士の方も、単なる「御恩」という枠を超えて、頭目に対して贈り物などを差し出したり、死地に赴いたりという事を喜んで行うようになります。
上司と部下の間には、深い信頼がある事が前提になっています。

一方ヨーロッパにおける封建制は、原則として「契約」で上司と部下は結ばれています。
君主は臣下に領地を与え、臣下はそのお礼に君主に忠誠を誓い、尽力する。
これだけなら日本の封建制と差異はありませんが、ヨーロッパの封建制はもう少しドライな関係です。
あくまで君主と臣下の関係は「土地を媒介とした双方向的契約関係」であるため、逆にいうと君主が臣下の保護を怠ったりするなど、君主と臣下の関係が悪化すれば、どちらからでも契約関係を破棄する事ができたのです。
また、ひとりの騎士が、複数の君主と同時に契約関係を結んでいる事も少なくありませんでした。
現在で言うところの派遣社員のような扱いに近いと言えるでしょう。

この差異はどうして生まれたのかというと、やはり宗教の差でしょう。
ヨーロッパを支配していた宗教は主にキリスト教であり、日本を支配していた宗教は主に神道と仏教です(道徳的な面ではさらに儒教が入ってきます)。
特に日本人の道徳の根幹を支えている儒教は上下関係を重視したため、単なる契約関係にとどまらず、上の者は下の者を徹底して庇護し、下の者は上の者のためにすべてを投げ打って忠義を尽くすという、まさしく日本的な封建制の考え方ができたのだと説明がつきます。

では肝心のファンタジーRPGにおいて、日本的な封建制とヨーロッパ的な封建制と、どちらを重視すべきなのかというと、やはり中世ヨーロッパがモデルである以上、ヨーロッパ的な封建制を重視しておいた方がいいのではないかと思います。
もっともファンタジーRPGにおいて王権に深い関わりを持っているプレイヤーキャラクターというのは少なく、そこまで徹底して意識していなくても問題は少ないかと思われます。
国家が深く関わる大事件などを制作する際にこのあたりを覚えておけば、多少役に立つ事があるかもしれませんね。

たとえば、主人公一行がとある王国にたどり着いたとします。
その王国では悪政が敷かれていて、民は疲弊し、虐げられています。
となると、「王国を守る騎士が邪魔で国王を打倒できない」というシチュエーションって、あまりないはずなんですよ。
なぜなら悪政が敷かれていて民の不満が高まっている中、国王の臣下である騎士だけがいい生活をしているというのは、考えにくいでしょう?
このようなケースでは、おそらく騎士の間でも同じように不満が高まっているはずで、暴君打倒の計画が持ち上がれば、多くの騎士も共鳴するでしょう。
このように想像する事が可能なのは、前述したように中世ヨーロッパにおける封建制はあくまで契約関係であり、日本のように「君主に絶対の忠誠を誓い、何があろうと献身奉仕する」という考え方が希薄だからなのです。
ただしファンタジーRPGですから、騎士は国王周辺の邪悪な魔法使いによって洗脳されていて、これを取り除かない限り王を打倒できない、などという事情がある事は十分に考えられますので、過信は禁物です。

多くのファンタジーRPG作品の主人公は王権に無縁であり、王権に主眼を当てた作品というのはあまり見かけないのですが、このような視点から物語を作ってみるのも面白いのではないでしょうか。
本日は朝から奈良へ旅をしておりましたん♪
といっても、いつものように実家ではございません。
FPLでもFairy Songsでもお世話になった、作曲家のmioさんに会いに行っておりました♪

音楽を通じてmioさんの心に触れ、「この曲はどんな人が作っているんだろう? ぜひ会ってみたい!」というおいらの強い希望を快諾して下さり、年末のこの忙しい(しかも寒い)時期に時間を割いて下さった優しい心に感謝♪ まじめな話、1年の最後から数えて6日目というここに至って、1年でもっとも楽しみにしていた日でした^^
あまりに楽しみで、待ち合わせの1時間前には奈良入りしていたくらい(笑) 久々に奈良の町をぶらぶら散歩したいというのもあったんですけどね。

小西通りや東向き商店街をぶらついたり、奈良ビブレ内の啓林堂書店でめぼしい本を買ったり。

正午にmioさんと合流して昼食、その後は奈良公園をぶらぶら、そして抹茶専門喫茶でお茶タイム。

いやホント、こんなに人と話したのは今年初めてだったかも知れない^^;
ゲーム作品の事、音楽作品の事、仕事の事、生活の事、旅行の事、そのうちキラキラネームの話やら縁の話まで……。
でも本当は、ひどく緊張していました。
こんなに緊張したのも久しぶり^^;
身体がやけに硬く感じたし、顔も熱かった気がする;

出会った印象は、最初は「想像通り」でしたが、ちょっと訂正。
「想像以上」でしたね。
「ああ、こういう人だからこういう曲ができるんだろうな」っていうね。
心がきれいな人だから心のきれいな曲ができる。(ついでに見た目もとてもきれいな方^O^)
穏やかな人だから穏やかな曲ができる。
芯が強い人だから芯が強い曲ができる。
ああ、なるほどなと思わされました、いや、まじめな話です^^
個人的に象徴的だと思ったのは、FPLでも使用させていただいている音楽「おひさま行進曲」ですね。
この曲はご本人曰く、教育実習時代の子供たちをイメージして作ったという事ですが、これはご本人じゃないのか? と思った。
mioさんが子供だとかいう話ではなくて、ほんとにおひさまみたいな人
そこにいる人をあったかい気持ちにさせる人。
そういう方だという事は、実は出会う前から分かっていました。これも冗談ではなく、ホントの話。音楽聴けば分かります。
実際、あたたかかったですよ。外がどんなに寒くても^^
ああ、ホンモノのmioさんだな、と思った。

FPL制作をしている間も、おいらはずっと縁について考えていました。
縁とはあらかじめ神や仏によって定められたものだけではないのではないか。
声を上げなければ、思いというのは届かないですから。
ですから作品が完成した時にはお世話になった素材屋さんすべてに連絡しました。
単にマナーだとかいうだけではなく、それが縁で新しい出会いがあるかもしれないと思ったから。
実際それで縁ができた人もいますし、mioさんに至っては実際にお会いする事までできた。
自分からアクションを起こす事で、縁は作り出せる。
で、実際にお会いした人とは無理矢理にでも友達になります、リナちゃんのように(笑)

今日の出会いは、年末のこの時期にいたって、今年最高のいい縁でした。
ずっと付き合っていきたい、力になりたい、なってもらいたい、真剣にそう思いました。
ありがとう、mioさん^O^



追記:mioさんとの会話から、FPLにとんでもない不具合があった事が発覚;;;

mioさん「まだ、雷のステージ(スターライトロード)の消える床でつまずいてるんですよ~」
いぬ「あれはFPL最大の難所なので、頑張って下さい」
mioさん「あれも苦労しました、盗まれたイベント。足跡がなかなか見つからなくて、心眼を使ってランドを片っ端から調べ回って――」




!?




心眼!? 心眼覚えられるのはBブロック入ってからですよ!? まだBに進めないmioさんが覚えているわけが!!
これは由々しき事態。もしどこかに誤って心眼が使えるようになってしまう誤動作があったとしたら、Bブロックでの心眼習得イベントが完全に空気になってしまいます(笑)
心眼状態を強制的に解除するイベントが怪しいと考えて、そのあたりを重点的に調べてみたところ……見つかりました、原因が。

導きの水晶を使ってアトラクションを脱出すると、心眼が習得できてしまう不具合。

ちょっと待って!! 超高確率じゃないですか!!

何で今まで誰も気づかなかったんだろう!?
おいら自身では5回以上テストプレイしてますし、トッティ師匠からも麻希さんからも不具合報告で挙がらなかったんですけど!? 完成から2ヶ月以上経過している現時点で見つかる不具合としては、極めて致命的です;

Aブロックのこの時点で習得できてしまうとゲームの進行に支障をきたすような罠はないと思いますが(ただし本来の習得の流れを無視しているので、ミスリルさんは仲間にならないはず)、Aブロックで心眼を使えるという流れ自体が致命的なので、即刻修正の上、最新版に更新させていただきました^^;

なお、mioさん曰く「盗賊(ジェイド)が仲間に加わっていないにもかかわらず、会話に参加してきたシーンがあった」というのもあったんですが、調べてみたところ、こちらは大丈夫でした。
というのは上記のシーンは、「心眼を習得している事が前提になっているイベント」だからです。
本来心眼を習得する段階で、ジェイドが仲間にいないのはストーリー進行上ありえないんです。
しかし、イベントの不具合により、ジェイドが仲間になるよりも先に心眼を習得してしまったために、矛盾した状況が発生してしまったと^^; 本来の流れを無視して心眼を習得してしまう不具合にさえ対処すれば、これは問題がないはずなんです。
混乱を招いてしまい、申し訳ありませんでしたm(__)m
昨日は久々にBGM素材を求めてmuzieはじめ各地を巡回♪
リンク先の素材屋さんのリンクなどからでも、今まで存じなかった新たな道が開けたりするのは楽しいですね♪
素材屋さんのさらなるリンク先やmuzieなどから70曲前後ダウンロードさせていただきましたん♪
ウォークマンの容量が徐々にBGM素材であふれかえりつつあります^^;

そうそう、友人の麻希さんよりFPLクリアアンケートをいただきました! ありがとうございます♪

同時に不具合報告もあり、なかにはかなりよろしくない不具合もありましたので、修正版を再度アップさせていただきますね!(午前10:55現在 すでに最新版アップロード済みです^^)
不具合の内容は主に後半に多く、ネタバレになるおそれもあるため、「続きを読む」に記載させていただきますので、閲覧の際はご注意下さい!
... 続きを読む
ずっと昔に書いてた「いたスター100の質問」をなくしてしまいましたので、最低限の項目だけ再回答してアップいたしましたん♪
いただきストリートのプレイヤーさんがおられましたら、おいらと遊んで下さいー♪

1・名前:いぬ(以前はもちという名で登録してました)

2・プレイ歴:19年

3・所持ソフト:Wii以外は持っています。あと、モバイル版には手を出していません。

4・初めてプレイしたマップ:ソフィーの洞窟

5・得意なマップ:1・右半球 2・スラリン GK・スラリン(GK限定ならサパタの地上絵) 3・このカオスゲーでそんなマップないよ!!(しいていえば、回転寿司になるのかな……?) SP・オラクルベリー ポータブル・ラーミア DS・マリオサーキット

6・苦手なマップ 1・アメリカ大陸(バランスはいいはずなんだけどね……) 2・カジノタウン(好きなマップではあるんだけど銀行下のMAX動物園の悪夢が^^;) GK・スペースコロニー(自由の利かないマップはどうにも苦手) 3・全部←(しいていえばまちゅぴちゅが一歩リードか) SP・ナルビナ城塞(セフィロスとの一騎打ちはもうこりごり^^;) ポータブル:魔列車(何回やっても勝てる気がしないw) DS:スーパーマリオブラザーズ(すごろくゲー……)

7・自慢できるプレイ:特にないですが、しいていえば、「1周目のサラリーをもらうまではいっさい店を購入しない」というハンデプレイで逆転優勝した事でしょうか。マップはSPのビサイド・キーリカだったと記憶しています。

8・苦い経験:死の火山で優勝目前から一気に破産寸前までいったことかな^^; 飛び地は侮れん……。

9・好きなAIキャラ:ビアンカ姐さんはおいらのお嫁さんです。

10・嫌いなAIキャラ:GKのうめばあさんかね;

11・目標金額設定:デフォルト。

12・破産人数設定:1人。

13・カジノ設定:対人戦ではスロットのみですね。ほかは運がらみですから。

14・空き地モードの使用:基本は使用しません。

15・好きなミニゲーム:スロット。常にワープ狙いです!

16・目標金額突破と破産させのウェイト:基本、破産させ優勝は狙いません。あくまで目標金額突破による優勝を狙います。

17・買い物料と株の儲けのウェイト:買い物料です。株は誰でも扱えますから、勝敗を分ける決め手にはなりません。決め手になるのは一撃の破壊力です。

18:プレイスタイル:速攻で仕掛け、誰も寄せ付けずに逃げ切るスタイルです。そうして勝ちきれずにぽしゃる

19・インサイダーと相乗りのウェイト:相乗りは好きじゃないんです。使わないわけじゃないけど、どちらかを選択するなら自分のエリアの株を買います。

20・いたストレベル:ツワモノ揃いの関西いたストオフでも勝てるくらいの力がある事が分かりました。いい経験になったと思っています^^ 時間があればまた参加したいなぁ……。
友人のしぇるさんから、恐ろしい話が飛び出しました。




しぇるさん「mixiの更新履歴の欄で、いぬさんのアダルトコンテンツの更新とかがダダ漏れになってますよ」




!?




何ですかそれは!?
リナリーちゃんの巫女服姿を見るのはアダルトコンテンツの更新に当たるんですか!?
そ、それなら頻繁に……ゲホンゲホン。

※FPLおよびFairy Songsが18禁作品だったという事実はありません(笑)

それはともかく、確かにmixiの日記設定で、いぬの作業場に外部ブログ設定をしてはおりますが、アダルトコンテンツの更新などという濡れ衣を着せられてはたまりません^^; 原因を調べてみます。


mixiってあまり活用しないから(ニュースの確認と友人の生存確認くらい?)詳しく知らないんですが、「友人から見た自分のページの確認」っていうのができるんですね。
で、自分の日記の更新欄を見ると……

なんか巨乳がなんちゃらとか、明らかに見た覚えのない更新が確かにされていました。




ちょっと待ってえええええ!!




mixiを一度退会して、復帰してきたのが半年ちょっと前。それ以来この設定は一度も弄っていませんから、半年以上もの間、おいらはずっとこの状態だった事になります。

何の嫌がらせですか、コレ。
恥の垂れ流しじゃないですか!! しかも濡れ衣!!;;;
それ以上に、マイミクさんの更新欄の方が生きる迷惑メール状態だったに違いありません;;;

しぇるさん曰く、「RSSブログの設定」という欄に入力されていたURLが間違っていたために起こった現象だったようで、ここを修正したら無事直ったんですが……ひどい罠でした;;;

おいらが何も知らなかったばっかりに、更新欄がヒドイ事になっていたマイミクさん、本当に申し訳ありませんでした^^;




トッティ師匠‎「いぬさん狂ったぜと思って放置してました」




知ってたんなら教えてよ!!(笑)



p.s. プロフィール日記「いぬの生態」を更新いたしましたん♪
「好きなゲーム」「今のデスクトップ画像」「最近のマイブーム画像」を追加いたしました♪
「好きな音楽」「好きなアーティスト」を加筆いたしました♪
2012.12.23 困った
このブログのトップに、なんと書かれているか、よくごらんいただきたい。




「「Fantasic Play Land」(RPGツクールVX ACEにて鋭意制作中)の制作拠点にして、いぬの怠惰な日常をつぶやくブログ。」




すでにこの作品は完成しているどころか、その次の作品まで完成している始末。
少なくとも、もはや完全に鋭意制作中ではない;
まだガイドブックの制作が終わっていないとはいえ、それまでも終了してしまったら、いったいこのトップになんて書いたらいいだろう?;
本日も目覚めるのが夕方だったという夜行性ぶりを発揮しているわんこです、こんばんは^^;

さて、制作中だったFairy Songs~失われし光の旋律(うた)~ですが!
本日(日が変わったので昨日)完成いたしましたーわぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪
まだ一般公開はしていないんですが、ちょこっとだけ紹介をば。



サーラさんにこっ
サーラ「こんばんは! 作品が完成したと聞きまして!」

いぬ「作品違うでしょうが!! いったいどこから聞きつけてきたんですか、サーラさん!?」

サーラ「ふふふ……私の情報網の前では、どんな事でも分かってしまうのですよ♪」

いぬ「こわい……」

サーラ「どんな作品なのかも、ちゃーんと把握していますよ♪ ではせっかくですので私が、この作品の見所を……」



ちゅどーーーん!!



サーラさん驚

サーラ「な、何ですか!? 今の爆発は!?」



ルル笑

ルル「じゃーーーん! Fairy Songsのアイドルにして正ヒロインの妖精、ルルちゃんでーーーす!!」

いぬ「え゛? この作品のヒロインって主人公じゃないんですか?」

ルル「え? この作品の主人公ってでしょ?」




サーラさん困

サーラ「えーと……現れるなりすさまじい自己主張ですね、ルルさん……」

ルル「私の作品なんだから、紹介は私に任せてよ!」

いぬ「乗っ取られてる……完全に主役、乗っ取られてる……」

ルル「それじゃー、行くね! あ、サーラさん、サーラさんが作品紹介のためにキャプチャしてきた画像、使っちゃっていいよね?」

サーラ「は、はい……それはかまいませんが……どうして私の名前を……」

ルル「妖精のヨコのつながりをナメちゃいけないわ! それじゃーさっそく!」



fs2.png

ルル「作品のタイトルは『Fairy Songs~失われし光の旋律(うた)~』! 太陽のように明るくかわいい私が大活躍するお話で――」

いぬ「ちょっと待った! だいたい合ってるけど、何かが違う!!;;;」

ルル「合ってるんなら問題ないじゃない!」

サーラ「ルルさん……できれば、もうちょっと本編に踏み込んだ内容を……」

ルル「十分踏み込んでると思うけど? まぁいいや! そうね、絵本の中の魔王が復活しちゃって、世界から希望が奪われてしまうのね」

いぬ「そうそう、そんな感じで」

ルル「このままだと絵本の中だけじゃなく、現実の世界まで真っ暗になってしまう。だから私は、本の外の世界へ助けを求めにいったってワケ!」



fs1.png

ルル「この白い服のコが、私の前に現れて、私たちの手助けをしてくれる事になったの! かわいいコでしょ? そうねぇ、私と比べると、ちょっと元気が足りないけど

いぬ「アンタがこのコの前に現れたんでしょうが! そして、アンタが元気すぎるだけだ!!」

サーラ「厚かましさでは、リナリーさんを上回るかも知れません、この妖精さん……」

ルル「で、状況が飲み込めてないこのコを、私が有無を言わさず拉致して――

サーラ「ダメじゃないですか!!;;;」



fs3.png

ルル「見て見て! この私のガイドっぷり! かわいくて優しい! 最高でしょ?」

いぬ「…今『がいどっぷり』を漢字変換したら、『害どっぷり』と表示されたんですが……(実話です)」

サーラ「害とまでは言いませんが、ずっとこのテンションなのも大変かも……」




fs5.png

ルル「私たち妖精族の女王、ソラリア様だよ! とってもキレイでしょ? 教え方もとっても親切だし!」

サーラ「…とりあえず、ソラリア様が常識人のようで、ほっといたしました……」




fs4.png

ルル「冒険中は、やっぱり魔物がうろついているのよ! なんたってゲームだもんね! 触っても戦闘になったり、体力を減らされたり、いきなりゲームオーバーになったりはしないけど、マップの最初に戻されてしまうの」

サーラ「そういえば、いぬさん? このゲームには、ザコ敵戦がまったくないという噂を聞いたんですが、本当ですか?」

いぬ「本当です。このゲームにはボス戦しか存在しません。それゆえ、レベル上げがまったくできません。戦闘不能にされたままボスを倒してしまうと経験値が入らないので、次のボス戦が厳しくなります。特に主人公とルルちゃんが戦闘不能にされた場合は、リセットした方がいいでしょうね」

ルル「主人公は私だってば!」



ルル「…とまぁ、こんな感じかな」

いぬ「補足すると、このゲームは2~3時間程度でエンディングを迎える事ができる短編です。最終テストプレイは2時間以内で終了しました。絵本の中の舞台という事で、イメージは童話。童話を読み進めるような感覚でさくさく進めてもらいたいがため、物語も完全に一本道です。一本道のゲームなんてつまらないという方は当然いらっしゃるでしょうが、童話というものは普通、物語は一本道であり、ストーリー分岐やマルチエンドなんて存在しませんよね? その感覚で作りました」

サーラ「でも、まだ一般公開はされていないんですよね?」

いぬ「はい。というのも、この作品は、とある方のために制作したものであるため、その方がGOサインを出してからの公開という形になります。ですのでその方の反応によっては、一般公開しない可能性もあるという事です」

ルル「どうせなら、たくさんの人に私の活躍を見てもらいたいけどねー。でも、あのコがダメだっていうなら、仕方ないかなー」

サーラ「え? その方って、ルルさんのお知り合いなんですか?」

いぬ「おっと、それでは作品紹介はこのへんで! 今日はありがとうございましたー!」

※「続きを読む」に、ちょっとだけこの作品に関する思いをつぶやいております♪
... 続きを読む
Fairy Songsついに完成ーーー!!
お疲れ様でしたーーー!!




…………まで、もう一息(笑)




とはいえ、シナリオは最後まで制作を終了しており、戦闘バランスチェック、エンディング作成も完了しましたん♪
後は演出面の微調整と、最終動作チェックを残すのみ!
明日中に完成できる射程圏内にすでに入っておりますよー♪
もと役者・演出家だけに、最終動作チェックというのは通し稽古をしているようで、なんだかとてもウキウキいたします♪

テストプレイにおけるエンディングまでの時間はおよそ2時間。
初見の方が丁寧にプレイしても、おそらく3時間前後ではないかと推測されます。
とっても超短編。
シナリオは一本道ですが、ボスなどの攻略法は1種類ではないように制作をしています。
FPLと比較しても非常に短いストーリーですが、密度の濃い冒険ができるように意識して作っています。
もちろん処女作のFPLよりも演出面のスキルも上がっていると自負しておりますので、そのあたりにも注目していただけると嬉しいなぁ♪

…とはいえ、今回の作品は諸事情により、すぐに公開というわけにはいきません。
ヘタしたら、一般公開はしないかもしれません。
この作品を一般公開するかどうかは…………。
お楽しみくださいね!



○おまけ○
いぬ「おいらのツクるゲームって、本当に非人間キャラの割合が濃いなぁ……」




メイン・サブキャラ(敵味方込み)男女および非人間割合(FPL・Fairy Songs合算)

男(男性型亜人含む)13人
女(女性型亜人含む)14人
その他(非人間)14人




全体の3割以上が非人間(ぶっちゃけると、モンスター)。
さらに上の「男」「女」の項目には、リップルちゃんやドリンちゃんなどのように、「分類上はモンスターだが実質「男」や「女」のカテゴリに括っても問題ない」と判断したものも含まれておりますので、厳密にモンスターの数をカウントしたら、非人間割合は過半数超えるんじゃないでしょうか(笑)
人間・亜人の立場ありませんね、これは(笑)
もはや夜型を通り越して、夜行性と化しつつあるわんこです。
その割にスカイプ(旧メッセンジャー)では寝落ちが多いという……。
ダメわんこでゴメンナサイ!!><

さて、そのダメわんこによるFairy Songsですが、1週間で終わるはずが、3週間目に突入してますね^^; ニューPCに代わってから、機能でいろいろ遊んだり、動画視聴にいそしんだりしていたのが敗因ですorz

ですが制作は終盤に入っており、難攻不落だったラストダンジョンのマップ制作も終了しましたん♪ あとはラストに向けてイベントを作りこんでいくだけですから、あと数日で完成の見込み! 今日から20日までは仕事ですから、次の休みである21日に完成できるのが理想的ですね。
ちなみにここまでの物語進行度は85%くらいのところまで来てるんですが、この時点でプレイ時間は約2時間。FPLとは打って変わって、とても短いです。当初の予定通り、スムーズにいけば3時間以内で終わる作品という事になりそうですね。
(あくまでスムーズにいけばですが)
しかし『短くても大冒険』が今回のコンセプトなので、内容はかなり濃いですよー^^
最終期限も近付いてきていますし、頑張って作るぞー♪
トッティ師匠やUチュンの力を借り、やっとSkype開通ー♪

いぬ「Skype名? なんですかそれ?

…ずいぶんUチュンを困惑させたようです、申し訳ない^^;
わざわざしぇるさんやよすけ君、ぽむさんまで呼んできて下さったUチュンに感謝♪
そして、まったく何も分からないおいらの暴走でご迷惑をおかけいたしました(笑)
ホントにメッセンジャーと同じように使えるんですね、安心した!

Skype名は live:mochi2plaza128
アカウントは mochi2plaza128@yahoo.co.jp

で、yahooメールと同じメアドを使用しておりますので、旧知の友人だけでなく、FPLプレイしましたー!とか、何この変な生命体? ちょっと交信してみようかしら などでも気軽に話しかけて下さいな♪
さすがに誰かも分からない場合は返答しない場合もあるかと思いますので、お名前とご用事の記載はよろしくお願い致しますね^^

ところで、Skypeでもメッセンジャーと同じく、日本語がまったく打ち込めない不具合が発生。
これはもう絶対にメッセンジャーが終了するからじゃないだろ!! という事でいろいろ原因を探ってみた所、ついにそれが判明。
日本語入力システムの標準に設定していたATOKですが、これがWindows8の画面では無効になってしまい、日本語がまったく打ち込めなくなってしまう原因になっていた事が判明; 互換性ないんですか、ATOK!!;;;
ワードやエクセルなどのオフィスでは問題なく使えるんですけれどもねぇ……。

ATOKを内蔵のIMEに切り替えたら、日本語入力できるようになりました♪
休息を取るというのはやはり必要ですね。
実家で眠り倒して、破綻同然の状態だった精神をどうにかニュートラルまで戻してきましたん^^

さてさて、ニューPCを使いこなすための試みは続く……。
どうにもメッセンジャーが使えません。
旧PCで使用していたメッセンジャーアカウントでサインインする事はでき、メッセンジャーに登録していたメンバーも呼び出す事ができたんですが、今度はなぜか日本語でメッセージが入力できない

友人たちと英語で会話しろというのか?w(おいらは別にかまわないけど、大多数は死ぬよ?;)

少し前、メッセンジャーはSkypeに統合されるという噂を耳にした。

トッティ師匠「もしやそれのせいでは?」(←とりあえずメッセンジャーは首のもげかけたPCで行っています)

Windows8のサイトをのぞいてみると、「Windows8の標準メッセンジャーはSkypeになります」との一文が。
おおう……これでは確かにもうWindows8でメッセンジャーは使えない可能性が高い。
というか、使えたとしても数ヵ月後にはメッセンジャーサービスを終了するとも書かれていたので、無駄な苦労をするだけになりそう。

しかし、おいらはSkypeに登録していません。
その理由は……マイクを持っていなかったから。

いぬ「Skypeって、マイクがないと利用できないんですよね?」
師匠「できますよ。普通に文字だけで会話する事ができます」

できるの!?

なんだ、おいらはてっきりSkypeというのは、インカム(マイク付きのヘッドホンみたいなの)を装着して、電話のように直接会話する機能しかないと思いこんでいました(笑) 普通にメッセンジャーとして使えるのか!

だとすると、Skypeに登録しない理由はありません。
さっそく登録してみました。
…登録だけは。
いかんせん登録したのは昨日なので、使い方がまだまったく分かっていません。
トッティ師匠あたりに聞きつつ、徐々に使えるようになってみようと思います^^
アカウントが出来上がったら、こちらに公開しようかな?
まぁ、そのあたりはSkypeの仕様を把握してから考えるという事で……。

以下、ツクールの話。
トッティ師匠がついにツクールAceを購入おめでとうございます♪
制作開始までにはまだ時間がかかりそうな様子ですが、楽しみにしておりますよん♪

次、FPL。
プレイして下さっている作曲者のmioさんより不具合報告!
ウォーターワールドにて、船に乗った状態で導きの水晶を使うと……?

実際にやってみました。

船ごと地上に吐き出された揚句、船から下りるとウォーターワールドのBGMに変わる事件が発生。

ちょっと待てえええええ!!

まさかこんな不具合が!!
盲点すぎてまったく気づきませんでした^^;
しかもなにげに、まったく直せる気がしない;;;
直そうと思えば直せるんですが、これを直すためには、船に乗っている間は、導きの水晶が使えない設定にしなければなりません。
ですが、「船に乗っている間は水晶使えない」って、意味不明だと思いません?(笑
第一このアトラクションは大半が船の上なので、船の上で水晶使えなかったら、何のための水晶やら;;;
もっともこのアトラクションは短いですから、水晶を使う必要性があまりないんですけれども。
すんません、これは仕様とさせて下さい;;; さいわい、致命的な不具合でもないですし……。

最後にFairy Songs。
この数日精神状態がおかしかったり、ニューPCいじって遊んでいたりしたので制作が遅れていましたが、徐々に制作を再開しています。
いよいよ冒険は終盤にさしかかりつつあるのですが……ラストダンジョンの制作が残っています。
ラスボスよりもマップ作成のほうがおいら的にはラスボスだよ!!
ホントにマップには苦しめられる……。
最終期日も迫ってきつつありますし、そろそろ完成に近付けていかなければ……。
2012.12.12 NEW!
ニューPCキターーーわぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪
本当に待ちかねていました!!
シフト調整がうまくいき、奇跡的に自宅でPCの到着を待ち構える事ができましたん♪
画面がきれい!! 起動が速い!! 首が折れてない!!
奮発した甲斐があったというものです^^

景気づけに、内蔵のマインスイーパと亀で遊ぶ(それが最初かい
久しぶりに遊ぶと楽しいものですね、頭の体操にちょうどよかったです^^

ひととおり遊んでからは、本格的に旧PCからのデータの移行。
まずは最重要、制作関連のデータの移行。
ツクールAce本体の移行をはじめ、BGMや画像、文書ファイルの移行。
もちろんFPLとFairy Songsのバックアップデータも持って行って。

次は重要な補助ツールであるATOK、Audacity、Foobar2000、Pixiaの移行。
もちろん通訳ガイドの勉強用の文書ファイルや音声ファイルも引き継いで、必要なデータはほとんど送り終わりました♪

その後はニューPCでFPLやFairy Songsのテストプレイ♪
おおおおお、軽い、軽いぞ!!
あれほど重かったAブロックやニワトリが軽いぞ!!
動作の快適さに感動しながら、主にアクション要素の多いアトラクションやミニゲームの動作性を試験。
その結果は「続きを読む」に記しておきます♪
軽度ネタバレに当たると思われますので、ご覧になる際はご注意下さいね。

ひとつ問題があるとすれば……Windows Live Messengerの接続の仕方が分かりません^^;
プログラムのどこを見回しても見当たらないんですが、ダウンロードしようとしたら「最新版がダウンロードされています」というメッセージが出るし……。
「最新版のWindows Live Essentials」はインストールされているけれど、メッセンジャーは含まれていないという意味なのかなぁ……。
これだと師匠などと連絡を取ったりするのに困るから、どうしても分からなかったらWindows Live Essentialsをいったんアンインストールして、メッセンジャーをダウンロードし直すか……。
もしくはメッセを利用する時だけ、首のもげかかったPCを使用するか……。
いずれにせよ、早めに解決したい問題であります。
... 続きを読む
2012.12.11 小休止
ストレスの過剰負荷により精神破綻状態のため1日休み。
2012.12.10 ムリ
Fairy Songs~失われし光の旋律(うた)~ 1週間で完成計画 失・敗!! )>д<(
現時点で完成度は6~7割。
やはりマップ制作が……orz

まぁ、現時点でこの完成度なら、完成までそこまでかからないとは思いますが……誰かマップ制作やってくれません?(笑)
最終期日までには完成できる事でしょう^^

新しいノートPCが来るのが12日である事が判明。
しかし、12、13日とも仕事であるので、実質手元に届くのは14日になってしまいます。
あと残り3日、この息も絶え絶えのノートPCで頑張ります><
基本ボツネタではありますが、なかなか物語の核心に触れている可能性がありますので、閲覧は自己責任でお願いいたします(あと、内容がかなりブラックです)^^;



... 続きを読む
Fairy Songs~失われし光の旋律(うた)~制作中盤に入っています。このペースで1週間で本当に完成できるのか?w
案の定、マップ制作で大変苦戦しています^^;
最終ダンジョンのマップなんてネタすら出てこない、どうしようどうしたらいいんだ;;;

マップさえ完成すれば、1週間で完成できる見込みは残っていますが……むしろそれまで危篤PCの寿命がもってくれるかどうかのほうが心配
年寄りをいたわるように接しつつ、今日もツクっていただきます^^
NEC_0005.jpg



ウッギャアアアア!!



移動中に、まさかPCバッグのチャックが開いてPCが滑り落ちるという大事故が発生。
これにより、角が破損し、もともと外れかかっていたディスプレイと本体の接続部が完全に外れてしまいました。

4年以上連れ添った恋人に起きた、まさかの事故。
もともとあちこち破損気味だったノートPCは今、危篤状態に陥っています。

どうしよう?
どうしよう?
どうしよう?
制作もできないし、ニュースも見れないし、ネットもできないし、生活のすべてがかかってんですけど
資格勉強の資料も多数入っているし……これは困った。

混濁した思考でいろいろ考えた末、ヨドバシカメラへニューモデルを見に行く(浮気)
以前の日記にも書いていたとおり、もともとあちこちに損傷は負っていたんですよね。
その内訳は……

○右側のスピーカーが故障
○ディスプレイに小さな傷
○2つあるUSBコネクタのうち1つは完全に認識せず、もう1つも結構な確率で認識しない
○ディスプレイ右下のネジが1本はずれている
○本体右下が浮き気味だった
○本体右下が激しく破損 ←NEW!
○ディスプレイと本体の接続部が外れる ←NEW!

この程度なら修理に出してもたいした事はないだろうと思っていたんですが、「NEW!」の2つが加わった事で事態は一変。
これならたぶん買い直してもそれほど変わらないだろう(代金だけを考えたらそれなりに違うのでしょうが、次のPCは今後10年使うつもりでいて、その時間まで考慮して換算したら、たぶん買い直した方が安い)と判断し、ニューモデルのPC買う事にしちゃった♪

Windows7→Windows8の過渡期のようなのですが、せっかくなのでWindows8のにしちゃった!
CPUも現在は「Core i-5以上がいいらしい」という噂は聞いていたんですが、実際に足を運んでみると「Core i-7」なるCPUがある事を知り、そちらにしてみる。
ちょっと奮発してしまったんですが、生活のすべてを握っている大事な愛人ですから、いいものを選ぶ事にいたしましたん♪

しかし誤算は、その場で持って帰れなかったこと。
その場で持って帰れると思っていたんですよね。
到着まで1週間程度かかるとの事。

という事は、到着するまでは今の危篤状態のPCを使い続けなければなりません。
現在バックアップ+新PCへの橋渡しとして、重要なファイルはメモリースティックに保存して言っていますが、途中でメモリースティックを認識してくれなくなったらアウト、ディスプレイと本体の接続部(はずれた所)のコードが切れてもアウトという恐ろしい綱渡りの状態で1週間過ごすのは、非常に精神安定上よろしくない^^;

あー、早く届かないかな♪
1週間じゃ終わらないかも!!(笑)

まぁ、一般公開するかどうかも未定の作品ですし、絶対に公約通り1週間で終わらせなければならない事はないとは思うんですが……あまり気持ちがいいものでもない^^;

完全に読みが甘かった……。

昨日1日(実際は半日くらいだけど)制作してみて……まだオープニング終わったところだよ!!;;;
てゆーか、使用BGMにループタグ埋め込むだけで1日くらい余裕で経過します(1曲や2曲じゃありませんからね)。

あと、短編ならではの難しさを痛感。
FPLの時は長編だったので、別の作業をしながら、マップ制作や台詞回しなど、別の作業の準備(例えば、マップの大まかなデッサンを紙に書いたりとか)ができたのですが、今回は短編というだけでなく、戦闘シーンもイベントシーンもほとんどないゲーム。
つまり、大半が会話制作とマップ制作なんですよ。

準備期間がない。

ほとんどぶっつけ本番で、テストプレイでイベントの動作チェックを繰り返しながら作っていってます^^; こんなんで1週間で終われるのだろうか?
ぶっちゃけ、マップ制作の進み具合次第と言ったところです。
こないだはテストプレイ込みで1週間を見ていましたが、制作で1週間、テストプレイにあと+αと見た方がいいかもしれません^^;

でも、楽しい。
あれこれ悩みながら制作するのは、やっぱり楽しい^^
2012.12.03 制作開始!
前回の記事で書かせていただきましたニュープロジェクト「Fairy Songs~失われし光の旋律(うた)~」の制作開始いたしましたん♪

申し訳ありませんが、今回は完成まで詳細はいっさい秘密^O^
タイトルは上記のとおり、プレイ時間は3時間程度の短編を予定

すでにストーリーのプロットは最後まで見通しが立っておりますので、すぐに完成できるかと思います。
1日(どころか、数時間)で考えたプロットにしては、上出来ではないかと思います^^
内容としては、これでもかというくらいひねりのない起承転結の構成(笑)
今日日珍しいんじゃないかと思われるほど、シンプルな一本道シナリオになる予定です。
今回は壮大な物語で大作を作るというようなものではなく、まったく別の目的に基づいて制作していますので、ストーリーが複雑である必要はまったくないのですね^^
毎度毎度苦戦するマップ制作にさえ手を焼かなければ大丈夫でしょう。

昨日の段階ですでに敵サイド、味方サイドとも登場人物はほぼ出揃っておりますから、あとはアイテムとスキルの設定で1日、イベント制作で1日、テストプレイで1日……つまり、3日で完成♪



…とFPLの時に予定を立ててエライ目に遭いましたから、おそらくこの倍の1週間くらいではないでしょうか(笑)

今日は6連勤の最終日でしたが、休憩時間もすべて制作準備♪
忙しいです。しかしこうでなきゃね! やっぱりもはやおいらにとって、制作は生活の一部になっているようです^^
次の作品を作る前に、ちょっと寄り道をしてみる事にしました。
別の新しいゲームを作ります。

はっきり言って、超短編。
目標クリア時間は3時間以内を目指します(笑)
それでも大冒険。
この3時間前後という短い時間でどれだけの大冒険ができるのか。
ある種のチャレンジですが、実はもっと別の、違った目的があったりします。
それは「今おいらが考えている事をそのまま形にする」という事。

それは、感謝。
FPL制作にあたって、素材屋さんをはじめ、本当に様々な方にお世話になりました。
中でも、おいらに生きる希望を再び宿して下さった方への感謝を込めて、作ってみようと思っています。

たかだか3時間かそこらの短編になる予定ですから、多分数日で完成します^^
難しい仕掛けなどもほとんど作る予定はないですし。
雰囲気はほのぼの、それでいてアツくて、ハートウォーミング
寒い寒い冬の中に、ココロだけでもぽかぽかほっこり。
そこはFPLと同じスタイルを貫いてやってみようと思っています。

完成しても一般公開はするかどうか分かりませんが、
ほんの少しだけ期待していただけると嬉しいです♪
2012.12.01 眠。
昨日は23時頃には寝ていて、今朝は8時過ぎまで寝ていた。
つまり、9時間睡眠。
その睡眠時間もさる事ながら、そもそも23時なんて時刻に眠るなんて事がない!!
いったい何ヶ月ぶり……いや、もしかしたら数年ぶりかも知れぬ;
いや、ホントによく眠りました。でも、まだ眠い……;

本格的に制作が終了してから、なんだか手持ちぶさた気味……いや、ガイドブック下巻はまだ完成しておりませんから、これを作らなければならないんですが、なんとなく……ね。

早いところガイドブック完成させて、次の作品作るか……。
何かしていないとね。落ち着きのない性分なもので(笑)

一昨日は職場にケータイ電話を忘れてきてしまい、昨日1日ケータイなしで過ごしていたんですが……まったく困る事がないという不思議。
ノートパソコンはないと非常に困るのですが(制作もできないし)、ケータイはホントにどうでもいい;
もうちょっと使う用事があってもいいのよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。