上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月16日。
前日の徹夜仕事に引き続き、今日もろくに寝ていません;
1時間くらいかな?(。・w・。 )

昨晩夕飯を食べた後、部屋でごろごろしていたんですよね。
温泉には入りたいけど、人が少ない時間帯を狙っていこうとして。
そしたら寝落ちをしてしまい、目が覚めたら温泉に入りに行ける時間を過ぎてしまっていたという;;;

仕方がないので早朝を狙おうという事で、そこからはほぼ徹夜で制作タイムです。
昨日までにモンスターのレベル変動とレートの設定が完了しており、ここでトループの組み合わせやバトルイベントのリメイクを完了。

朝の5時になったので温泉へ♪
先客がいましたが、ふたりだけ。
機嫌良く温泉に入っていますと……




びゅおおおおおお……




外からは、凄まじい風のうなりが聞こえ、風の勢いに激しくしなりまくる木のシルエットがよく見えました 笑
ついに台風が暴風圏に入ってましたからね;





7時になって朝食を取りますが、窓の外はやはりすごい事に;
地表まで降りてきた雲が真横に飛んでいくのは珍しい光景でしたね^^;

さて、本日の旅程。
今回の旅の目的である日光猿軍団を見て、その後日光江戸村やワールドスクウェアをうろつき回る鬼怒川満喫プラン。
しかし、ひとつの懸念が……。




そもそも、公共交通機関は動いてるんですかね?;




特に電車は動いていない可能性が高いですよね;
ただ、こうなるのは旅に出る前から分かっていたわけですから、早め早めの行動を心がける事にします(`・ω・´)

日光猿軍団の公演は10時30分から。
早めにチェックアウトして外に行こうとしますが……その時の外の様子はこんな状態。




NEC_0241b.jpg




分かります? この外に行こうとする意欲を一瞬にして砕く暴風 笑
結局チェックアウトを1時間ほど遅らせ、午前9時20分頃にチェックアウト。
その頃にはとりあえず雨は上がっていたので、助かりました^^

日光猿軍団の所へ行く手段は電車とバスがあったのですが、電車は動かない可能性があったのでバスを選択。

おいらしか乗ってない 笑

完全に貸し切り状態でした(*^^*)
運転手の方が、本日は日光江戸村は定休日である事を教えて下さいました。
なれば、今日の行程は決まりですね。
日光猿軍団の後は、ワールドスクウェアと巡っていきましょう。

運転手さん曰く、今日はこんな天気だから、どこへ行ってもすいているだろう、と。
それだったら嬉しいなぁ^^
というわけで、日光猿軍団へ到着致しました。




NEC_0243b.jpg




…なんか、すっかりさびれちゃってますねぇ^^;
まぁいいや。

公演中は撮影ができませんでしたので画像はありませんが、楽しかったですよ、お猿さん^^

第1幕は小猿のナカオがかわいらしかったですね^^
ことあるごとにちょろちょろと動き回り、イタズラをしてました 笑

第2幕はカメの着ぐるみを着た英太郎が素敵でした。
声をかけたら取るポーズがかわいいかわいい^^

彼らが年内で解散になってしまうのですか……とても残念です><
今回が最初で最後、見納めになってしまうのですね……。
観に来てよかったです^^b



猿軍団を後にしてから再びバスに乗り込み、東武ワールドスクウェアへ。

ここは世界中の名所を25分の1のサイズに縮小した模型がたくさん展示してあるテーマパークで、ここを巡るだけでも世界一周旅行をしてきたような気持ちになれるとっても素敵な場所です♪




NEC_0249b.jpg




…………。

やっぱり、人がいませんね……;

普段からこうなのか、それとも台風の影響なのか……何にせよ、ほとんど貸し切り状態ですゆえ、のんびりと楽しませていただきました♪
実際、全部の名所を巡るのに1時間くらいはかかったと思いますが、その間に出会った人はたったの十数人くらいでしたし 笑




NEC_0251b.jpg
NEC_0280b.jpg
NEC_0318b.jpg
NEC_0372b.jpg




上から東京スカイツリー、コロッセオ、サグラダ=ファミリア、万里の長城ですね(*^^*)
ちなみにこの東武ワールドスクウェアで撮影した写真の枚数は、歴代の旅路でも一番多かったかも知れない;
この場所でだけで優に100枚以上は撮影していました、すごい量です;
さすがプチ世界一周旅行です^^v

無事にプチ世界一周旅行を終えて、いよいよ帰路の途につく事になります^^
しかし、まだ問題は残っています。
果たして、東京に向かう電車は動いているのでしょうか?;
ワールドスクウェアで撮影会を行っていた間に風もだいぶ弱まり、ほぼ平穏を取り戻していたとはいえ……そんなすぐに電車って動きませんからね;

乗換案内で調べてみても、動いているのかいないのかよく分からない状況でしたし……。
近くの小佐越駅で駅員さんに尋ねようにも、まさかの無人駅 笑

しばらく待ってやってきた電車の車掌さんに尋ねた所、動いている事を確認して、無事に帰ってきたのであります^^

東京に戻るまでの車内では、さすがに爆睡タイムでした。無理、もう無理;;;

そして帰ってきた東京♪

⑤東京ばな奈だけ買って新幹線に乗り継いだ東京

縁なさすぎますね 笑



あとはのぞみに乗って神戸までゆったり^^
制作もがっつり進みましたよ~!

というわけで、どうなる事かと思いましたが、台風直撃を受けながらも、無事に全旅程を終了して家に帰ってきたのであります!
お疲れ様でしたー♪

栃木、まだまだ面白そうな所たくさんありましたねー。
また行かなければならなそうです 。(^∇^。 )(。^∇^)。

次回の日記で、今回の旅のおまけ情報などを書いていこうと思います^^

以下、制作。
Dブロック以降のモンスターデータのリメイクやトループ設定など、戦闘にまつわるシステムやイベントのリメイクをメインに。
あとドロップとスティールのアイテムを設定すれば終わりですから、今回はかなりのハイペース。
明日から仕事が忙しくなるので若干ペースダウンになるおそれがありますが、頑張っていきましょう♪
スポンサーサイト
今回の旅のテーマ:
本当に、帰れるんでしょうね?



10月15日。
2013年最後の弾丸超特急が始まります♪

しかし、これが過去に類のない凄まじい旅程になるとは、誰が予想できましたでしょうか;;;

そもそも今回の旅程、かなりのムチャをやっています。
前日の14日は半年に一度の棚卸であり、職場に徹夜で駐在でした。
棚卸終了後家に帰りさえしないで、その足でそのまま新幹線に乗って旅に出るという行程(。・w・。 )
ここですでに無謀 笑

とはいえ、棚卸終了後そのまま旅に出るのは今回が初めてでもございませんし、これくらいなら……と思っていたわけですが。




まさかの台風襲来




……。




おいおい;



「雨乞い要らず」という異名まで付けられるおいら、旅先が雨だったというのは珍しい事ではありませんが、台風とかち合うのはさすがに初めてです;;;
その上今回の台風は今年日本に接近した台風の中でも最大級。
噂では関東に接近した中でも10年に一度の台風とか聞きますし、何が悲しくておいらは、そんな台風のやってくる場所へわざわざ旅に行くのでしょう?;;;
さらに今回の旅、本来なら企画さえなかったはずの旅なんですよね;

今年はすでに北陸、九州と旅をしていて(ついでに伊勢も)、今年はもう旅はしないつもりだったんですよね。
しかし日光猿軍団が今年中に解散となる事を知り、一度も見た事のないおいらは、解散になる前に一度見ておこうという事で、急遽今回の旅程が組まれました。

もう新幹線のチケットも宿の予約も入れてしまった以上、行くしかありません;
それならせめて、めいっぱい楽しんで行こうと決めて、新幹線に乗り込みます!



棚卸中の職場でも電車内でも、基本は制作タイム。
集中して制作した事もあって、かなり進みましたよ♪
Dブロック~エンディングまでのモンスターデータベースのリメイクはほぼ完了致しました。
しかしさすがに徹夜だった事もあって、疲れたら爆睡 。(_ _。 )zzz

そして東京。
過去に東京は何度か行った事がありますが……

①夜行バスで早朝に到着し、人がひとりも歩いていない東京
②やはり夜行バスで早朝に到着し、店も開いておらず、人もほとんど歩いていない芝公園、秋葉原
③友人の家に行くために乗り換えのためだけに通過した東京

で、今回。
④宇都宮方面に行くために経由しただけの東京

つくづくおいらは東京に縁がありませんね 笑



宇都宮に向かう電車、日光に向かう電車でも基本は爆睡タイム。
爆睡タイムというか、制作しようとしても寝てしまうというか^^;

乗り換え乗り継ぎで、日光に到着♪

NEC_0208b.jpg

雲は多かったですが、この時点ではまだ雨は降っておらず、屋外の場所を旅するなら今のうちに行っておかなければなりません。
ならば目的地はひとつ。
世界遺産のひとつ、日光の社寺です。

日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺の3つは必ず行っておかなければなりません。
戦場ヶ原や華厳滝にも行きたかったのですが、台風が迫り来る今回の旅路では、あっさり諦めました^^;

旅先ではなるべく公共交通機関を使わないおいらも、今回はバスを使いました。
いつ嵐が来るか分からないのは怖い^^;
バスに乗って10分もかからないうちに、東照宮の東参道に到着。

ここで降りて、まずは輪王寺から参拝します。

NEC_0212b.jpg

NEC_0213b.jpg

保存修理中の三仏堂の中を歩きます。
中ではたくさんの仏の説明があり、大変勉強になりましたのです^^

次は二荒山神社。
やはりメインディッシュは最後です 笑

NEC_0220b.jpg

NEC_0222b.jpg

ここでとうとう雨が降り出します。
本降りにならないうちに急がねばなりません。

そして最後、日光東照宮へ。
しかし残念ながら、肝心の陽明門が工事中だというのです;
でも、十分満足行きましたよ♪

NEC_0223b.jpg

NEC_0228b.jpg

NEC_0233b.jpg

200段くらいありそうな険しい石段を登った先にある、奥宮宝塔。

NEC_0229b.jpg

最後に鳴龍の声を聞いて、東照宮を後にしました*^^*

この日光って、ゆば料理やそばが有名らしいですね。
ゆばといえば京都だと思っていたんですが;
しかし電車の時間が迫っておりましたゆえ、昼食抜きで鬼怒川へ行く事に;

日光、ほかにも面白そうな所多いですね^^
霧降高原なんて、厨二心をくすぐられる場所もあるようですが……

NEC_0235b.jpg

この通り、霧どころか雲が丸ごと落ちてきそうな状態になっておりました;;;
雨も本降りになってきまして、逃げるように宿のある鬼怒川温泉へ 笑

NEC_0236b.jpg



宿に着いてからは制作タイム。
やっぱり時々寝落ちしましたが 笑

ちょっと早いですが、今日の旅はここまで。
さて、無事に猿軍団を見て、帰れるんでしょうね? 笑
(旅の間にいただいたコメントなどは、旅日記の後の日記で返答させていただきますね♪ ありがとうございます<(_ _)>)
ムチャな弾丸旅程を組む事に定評のあるわんこの旅日記です♪
今回の旅先は九州。
前回は阿蘇草千里・火口巡りを満喫した後、まさかのイレギュラーで旅の最終目的地、高千穂に辿り着けなくなる危機を機転で突破し、無事に辿り着く事ができたところまで旅を進めました♪

…また、十分な睡眠を取る事ができず;;;
寝坊は絶対に許されませんからね^^;
どうにか早起きには成功し、早めの朝食をいただきます。
これもまた、朝食とは思えないものすごい量の和食;;;
しかしどうにかこちらは完食。

さて、今日はどういう旅程で行くか見直します。
高千穂に来たら、絶対に行かなければならないのが高千穂峡です。
そして高千穂峡に来たらば、多くの人は貸しボートに乗って渓流を楽しむんだとか。
しかし事前にネットで調べた時には、ピーク時には最高4時間待ちとかもあるらしいんですね^^;
おいらは人混みとか待ち時間とかが基本嫌いな人間なので、それなら別にいいかなぁと最初は考えていたんですが……。




やっぱり行こう。




せっかくここまで来ましたからね^-^*
どうせなら行っておきたいところです。
というわけで、今回チェックアウトしたのは午前7時45分。
昨日から引き続き、今までからは考えられない時間にチェックアウトしています^^;
天気は曇り。




NEC_0154b.jpg
NEC_0159b.jpg
NEC_0161b.jpg




昨日バスで高千穂神社に行った時に、高千穂峡に向かう道は確認しておきましたゆえ、途中渓谷や滝の写真をぱちりと収めつつ、ひたすら高千穂峡に向かって下っていきます。
そして渓谷の底の部分に、ボート乗り場を見つけました♪

まだ早い時間だったおかげか、見事待ち時間0分でボートに乗る事ができましたよん♪
制限時間の30分間、渓流ボートを楽しんできましたー 。(^∇^。 )





NEC_0163b.jpg
NEC_0166b.jpg
NEC_0168b.jpg




…30分後、戻ってきたら、ものすっごい人が並んでいました;;;
間一髪だったようです;
(実際、スタート地点に戻る時にはかなり人が増えていて、たいそう難儀したのです……操船技術はそれほどあるわけでもありませんし……)




NEC_0170b.jpg
NEC_0171b.jpg
NEC_0172b.jpg




ボート遊びを楽しんだ後は、渓流に沿って遊歩道を逆に戻っていきます。
そのままひたすら登っていって、国見ヶ丘という、雲海が望めるという自然展望台を目指したのですが……こちらはさすがに諦めました。
途中で道に迷ってしまった上に……体力が尽きました;;;
あまりにも登りが続きすぎました 。(_ _。; ) そして、睡眠不足と連日の弾丸スケジュールがかなり効いてきています;;;

へとへとになりながらも、昨日訪れた高千穂神社へ戻って来ました。
どうやらこの高千穂峡でもかなり大きな神社のようですし、改めてお参りをしていく事にします(*^-^*)




NEC_0177b.jpg
NEC_0178b.jpg




お参りの後、高千穂散策の拠点にして、スタート地点でもあった高千穂バスセンターへ戻ります。
この時点で午前10時半。
うーん……正直かなりへとへとだったんですが、かといって、いくら何でも帰るにはまだ早すぎます。
帰りのバスに乗るのは14時15分の予定でしたし、これならまだどこかに行く余裕がありそうです。
それならもうひとつ、高千穂に来たなら、絶対に行っておくべきと思えた場所があります。
それは、天岩戸神社
天岩屋戸といえば、日本神話が好きな人なら知らない人はいない有名な場所。
よし、それならここに行こう! と地図を確認……。




高千穂バスセンターより約8km




…………8km!?





8kmというと、おいらの足でも1時間半はかかる距離です。
いくら基本が歩くスタイルと言っても、さすがにこれは二の足を踏みました;;;
地図があるとは言っても、知らない土地である以上迷う可能性はあるし、何より、上り坂が連続しているのは目に見えている……た、体力が…… 。(_ _。; )
時間制限もありますしねぇ……。
…タクシー利用しかないか……。

という事で、タクシーを活用して天岩戸神社へ。
せっかく来たという事で、神職の方に頼めば無料で神社を案内して下さると言う事なので、案内していただきました♪
お祓いもしていただけて、ありがたい事でございます^-^*
さらに、神社の先にある天安河原およびその奥にある仰慕ケ窟は入る事ができるという事で、しっかり足を伸ばしておりますよー♪




NEC_0179b.jpg
NEC_0180b.jpg




天安河原の奥にある仰慕ケ窟。
何だか、西院の河原の石積み遊びが思い出されて、ちょっとぞくっとしましたが(怖
ご、御利益のある場所なんですよね!?><




NEC_0186b.jpg
NEC_0188b.jpg




水がとってもキレイですよね(*^∇^*)
下の画像のお姉さんは、日本神話の太陽の女神、天照大神様です。
こんなにキレイな方だったんでしょうかね(*^^*)

帰りもタクシーを利用して、棚田が広がる特徴的な田園風景を楽しんで、もとのバスセンターへ。
この時点で13時過ぎ。
見るべきものもだいたい見ましたし、1本早いバスに乗れそうだったので、乗り込む事に決定!
目指すは延岡。
延岡経由で宮崎空港まで行って、そこから伊丹空港へ戻るプランです。
13時30分、バスに乗り込んで、神が舞い降りた地、高千穂を後にしたのです。

延岡までは爆睡タイム (。・w・。 )
宮崎空港までは、初日の日記(前々回の日記ですね)を書いたりしていました(笑

そして、初めて目にする宮崎の気色。




NEC_0189b.jpg




!?
何、この南国風景!?

宮崎ってこんな所なの!?

なんて言うか、その……。




町に流れる空気に一目惚れしました




ここなら永住してもいいなぁと、なんだか思えた。

町に流れる空気に惚れたのって、今住んでいる町に降り立った時以来。
素敵な体験でした (。^∇^)。
しかし……暑い 。(_ _。; )

なんか吹いている風が、ものっすごい熱風だったわけですけれどももも。
何ですかこの風は!?
今が真夏だからですか!? それとも九州の中でもかなり南の方だからですか!?
とにかく、ものすごい熱い風が吹いてきましたよ;;;

宮崎空港で飛行機の手配をすると、どうやら予定より一本早い飛行機に乗れるようで。
早く帰れるならそれに越した事はございませんゆえ、一本早い飛行機を手配。
搭乗口に向かう前にお土産屋さんが目につきましたゆえ、どんなお土産があるものやら、ちょっとのぞいてみました。




こ、これは……!!




NEC_0191b.jpg
NEC_0192b.jpg




何これ!?
すっごいかわいい!!

この旅の最終地点の土壇場で、お土産を2点衝動買い(笑
これは買うしかないでしょう!!
この3日間、九州を横断しながらいろんなお土産屋さんを見てきましたが、ここが一番インパクトが強烈でした><
く○○ングッズなんかよりよっぽど心が震えた!!
飛行機に乗るためだけに通りすがった場所だったんですが……すごいぞ!! 宮崎!!

…そ、それはさておき……。
ひとり旅で飛行機に乗るのは2度目ですねぇ……。
7年ほど前に、北海道へひとり旅をした時以来です。
なので、飛行機の乗り方をすっかり忘れており……カバンの中に、液体のものを入れておいたらダメなんですね!?(゚Д゚;≡;゚Д゚)
荷物検査の所で並んでいたら突然、液体のものは出しておいて下さいと言われ、カバンの中には多数の荷物やお土産が;;;
液体のものを取り出すのに恐ろしく手間取ったあげく、航空券の機械認証の折には、航空券を入れていた荷物を先にベルトコンベアに流してしまうという手際の悪さ;;;
おいらより後ろに並んでいた方、すっごい迷惑をおかけいたしました 。(_ _。; )
そんなドタバタ劇もありつつ、どうにかこうにか伊丹まで戻ってくる事ができましたん♪

やっぱり飛行機ってすっごいね!
あんな鉄のかたまり、どうやって空飛んでるんだろう?
いつ乗っても信じられません(^∇^;)
しかも速いしね……1時間前まで宮崎にいたんですよ;;;
ほとんどワープゾーンです。
それにつけても、飛行機の上から雲海を見ると、毎度毎度興奮しますね!
雲の上に降りられて、果てしなく広がる雲の平原を歩いて行けば、その向こうに国があるんじゃないかって、毎度毎度想像してしまいます^-^*

今回の旅も、無事に終える事ができました!
新たな旅のターゲットもできましたしね♪

NEXT
①宮崎・鹿児島制覇コース 最後の宮崎はかなり気に入りました♪ 日南海岸、青島、霧島は外せません!
②八重山諸島コース 観光用の写真で見たんですが、与那国島や西表島、石垣島などは想像以上にキレイですね! 沖縄本島よりも行ってみたいかも♪
③長野リベンジコース なぜリベンジかというと、中学、高校と修学旅行で行っているにもかかわらず、スキーしかしていないのでほとんど記憶がないから; 松本城は当然、今回の旅路と深い関連のある戸隠神社はぜひとも行ってみたいです♪

今回の旅日記はこんなところです。
毎度毎度酷い弾丸ぶりを発揮しておりますが、無事に回れてよかったですね(笑
明日からまた、神様とともに新たな一歩を踏み出すのです(*^-^*)
しかし反省も忘れない。初日のあの熊本駅に戻る時間を読み間違えたのは……助かったのは運がよかっただけ。
あれは反省しなければいけません--;

神様が導いてくれたのかもしれませんね!
高千穂まで来い……って。


最後まで読んで下さり、ありがとうございました♪
結局、制作は大して進みませんでしたね;;;
…頑張ろう、頑張ろう、おいら 。(_ _。; )
(旅の間にいただいたコメントなどは、旅日記の後の日記で返答させていただきますね♪ ありがとうございます<(_ _)>)
ムチャな弾丸旅程を組む事に定評のあるわんこの旅日記です♪
今回の旅先は九州。
前回は熊本城で大粒の汗をぼたぼた流したあげく阿蘇に向かう電車を逃しそうになり、それでもなんとか宿についてゲリラ豪雨を回避するところまで旅を進めました(*^-^*)

本日は阿蘇山を満喫してから、最終日の目的地である高千穂へ移動するコースです。
本日の天気は快晴です♪

寝坊が怖くて十分に睡眠が取れないという問題はあったものの、無事に早起きして朝食をいただきます。
そして、午前7時55分にチェックアウト。
こんな早い時間にチェックアウトというのは、おいらの今までの旅では考えられませんでした。
しかし、交通機関の時間の都合を考えると、この時間に出なければならなかったという;;;

名残惜しい初日の宿をあとにして、タクシーで駅へ。そして阿蘇へと移動します。
阿蘇へ到着すると、もう阿蘇山行きのバス停にたくさんの人が。
ここで、帰りに利用する事になる、熊本空港行きのバスの切符も同時に買っておきます。
これが悲劇の始まりでした(またか)

阿蘇山までは問題なく到着。
生きている間に一度は訪れてみたかった草千里。やはりすごい景観です。
旅人生をしていてよかったと思える瞬間でしたね♪

さて、現地に着いて、さっそく草千里……には行かず、すぐ目の前にあるレストハウスと火山博物館へ(笑

前回の記事でも述べておりましたが、おいらは旅に出てもすぐに観光名所巡りはしないで、その土地の人々の暮らしを見たり、その土地の情報を調べたりする事から始めるスタイルです。
とっても旅人していますでしょ?*^^*
火山博物館では阿蘇山誕生のムービーなども上映しておりましたが……上映の約15分間、爆睡タイムに変わる(笑
やはり睡眠不足が効いてきているようです;;;

火山博物館で火山噴火の驚異を目の当たりにした後は、いよいよメインディッシュ、草千里を歩き回ります!!




NEC_0118b.jpg
NEC_0123b.jpg
NEC_0124b.jpg
NEC_0130b.jpg




高原を渡る風を存分に感じて、ふと遠方に目をやると……おっと、阿蘇山の噴煙が見えますね。
まだ時間はありましたゆえ、どうせなら火口の方へも行ってしまおうと思い、草千里を抜けて火口を目指そうとしたのですが、道がなくて行き詰まってしまいました^^;
火口の方へ向かうには、一度レストハウスの方へ戻らなければならなかったのです;;;

草千里から眺めたところ、火口の方へはひたすら車道が続いているような様子でした。
バスも走っていますし、レンタカーで走り回る人も多いという話は聞いておりましたので、ここはバスや車で行くのが正しいのでしょう。




だが断る。




おいらは歩く旅人です。ここでも当然歩きます。
草千里を後にして、火口に続くと思われる道を、ひたすら歩きます。
途中で牛や馬に挨拶していきます。

NEC_0132b.jpg

実際に歩いてみるとそれほど遠くなく、20分も歩けば火口にほど近い「阿蘇山西駅」に到着。
火口まで行けるロープウェイが出ているようですが、下からでももう火口がすぐ近くに見えているんですよね。
これくらい余裕で登れちゃうなー……と思っていたら、登山道が封鎖されていました^^;
仕方がないので、ロープウェイを利用(後で分かった事ですが、車道をそのまま歩き続けていれば、火口まで行けたようですね^^;)。
火口の写真もぱちりとおさえておきます。



NEC_0138b.jpg




高原を吹き抜ける風が涼しくてとても気持ちよかったですよ*^^* 一通り満喫して、お土産屋さんで職場や家族に持っていくお土産を物色。
まだ時間に余裕がありましたので、一本早いバスで阿蘇山を後にしました。
ここは……ぜひともまた来たいですね!
そして、一本早いバスに乗ったこの判断が、奇跡を起こす(昨日もあったような……この展開 笑)

で、ずっと楽しみにしていた阿蘇を満喫して、大満足で阿蘇駅まで戻ってきたわけですよ。
この後、阿蘇駅からバスで熊本空港まで行って、熊本空港から出ているバスに乗り継いで、最終目的地の高千穂に向かえば本日の旅程終了のはずでした。
しかし、ここでとんでもないトラブルが……。

なんと、朝早く切符を買っていた熊本空港に向かうバスが、満員で乗車できないという話が入ってきたんですね。
そこにはおいらのほかに6人のおばあちゃんたちがいて、とても困っている様子でした。
しかも、補助席まで全部埋まっているので、立ち席さえないような状態だとか。
座れなくてもかまわないから乗せてもらえないか、とおばあちゃんたちも交渉してみますが、あえなく断られてしまいます。
この時の窓口の対応がこれがもう、およそサービス業に従事している人間とは思えない最悪な対応で、思い出すのも腹立たしいものだったのですが、今はそれどころじゃありません。
熊本空港から出ている、高千穂に向かうバスは1日に2本しかなく、16時24分発のバスがラストチャンスなのです。
これを逃したら、高千穂に予約している宿にたどり着く事ができなくなってしまいます
その上、熊本空港にたどり着くもうひとつの手段(肥後大津駅まで戻って、そこから空港送迎バスに乗り換える)はその数分前に発車しており、その手段も使えない。
もともと一本早いバスで阿蘇駅まで戻ってきましたから、実はもう一本後のバスでも、16時24分までに熊本空港にたどり着ける……のですが。

実は先ほどさんざんな扱いを受けた、空港へ向かうバスなんですが、ダイヤより20分も遅れていたのですね。
そして本来乗り込むはずだった、一本後のバスを使うと、空港に着くのは16時5分。
しかし、田舎のバスのダイヤが狂うというのはよくある話なのです。
(それでも20分遅れ、それも謝罪どころかアナウンスさえないというのは、あまりにもひどいと思いますけどもね……)
万が一、次のバスも20分遅れたら確実に間に合いませんし、それ以前にこのバスも満員だったら一巻の終わりです。
肥後大津まで戻って空港送迎バスで向かうというもうひとつの手段も、肥後大津駅で30分待たされたあげく、空港に着くのが16時18分。猶予はわずか6分間しかありません。

おいらは熊本空港がどういう構造をしているか知りません。
送迎バスを降りてすぐ目の前に目的のバス乗り場があり、即乗り換えできる! という保証はどこにもありません。
むしろ猶予が6分間しかないのでは、目的のバス乗り場を探している間に乗り過ごしてしまう危険性の方が高い
つまり、この行き方もあまり現実的ではない。
阿蘇駅前のバスの窓口は冷たく「タクシー使えばいいじゃないですか」と言い放っておりましたが、バスなら950円で行ける道のりが、タクシーだと8000円になってしまうそうですよ?
完全に他人事ですね、酷い話です。
いくら旅先で多少財布の紐が緩くなっているとはいえ、さすがにこの出費は看過できません。
さて、本当にもう打つ手はないのかな?
居合わせたおばあちゃんたちは途方に暮れ、タクシーで行ってしまいましたが、熊本空港に行く方法を、もう一度見直してみます。




① 阿蘇駅前→バス→熊本空港 所要時間50分、950円
② 阿蘇→肥後大津→(待ち時間29分)→無料空港ライナー(12分)→熊本空港 所要時間1時間30分、540円




…………。




…………!!




…来た来た来た来た!?
ひらめいた!?





天啓が下りました。
おいらが取った逆転の秘策、それは!!




肥後大津まで電車で戻り、そこからタクシーを利用!!




前述の通り、肥後大津に戻ってから、無料のシャトルバスが来るまでに、待ち時間が29分あるんですよ。この無料バスを利用するから、空港での猶予が6分間しかないわけで。
ならばこの待ち時間の間に空港へ行く事ができれば、余裕で間に合うんです。
さらにシャトルバスによる肥後大津~空港の所要時間は12分。
阿蘇から空港までタクシーで行くと8000円だったかも知れませんが、10分そこそこの距離をタクシーで行くなら、そんなふざけた金額にはならないはず!

阿蘇から空港までバスで行く運賃→950円(乗らなかったので払い戻し)
阿蘇から肥後大津までの運賃→540円

410円浮きましたが、ここからタクシーを使うのだから、阿蘇からバスで行くよりも割り増しになるのは避けられそうにありません。
でも、最低限のリスクで空港まで着けそうです。

そうと決まれば即行動。肥後大津まで戻って、そこからタクシー利用で熊本空港へ!

結果:タクシー運賃2000円+電車→2540円

当初の予定よりも1500円ほど割高になってしまいましたが、安全を買ったと思うしかないなぁ…… 。(_ _。; )
しかしこの結果、タイムリミットの40分前に空港に着く事に成功。
悠々と高千穂行きのバスの切符を買って、無事に乗り込む事ができました、やれやれ;;;
今回の旅最大の危機を乗り切りました。
阿蘇で1本早いバスに乗らなかったらアウトだったんですよね、ナイス判断でした;

さて、かなりきわどかったですが、どうにか高千穂に向かうバスに乗り込む事ができました。
高千穂に着くまでの時間は2時間。
この2時間はもちろん、爆睡タイムになります 笑
神経使いましたしねぇ……。

バスに乗り込む事2時間、とうとう旅の最終目的地、高千穂に到着ー♪
さっそく宿へ向かったところ、なんとすぐに食事にすれば、毎晩披露されているという神楽を拝観できるとの申し出が!
見たい見たい♪ と二つ返事で申し込み、すぐに食事タイム!

今晩の夕食は、鮎の塩焼きや豚肉料理やサラダなどの和食料理! …なんですが、これが凄まじい量で……;;;
出先で出された料理は残さず食べる が信条なおいらですが、ごはんを一杯分食べる事ができませんでした……何だか、すごく敗北した気分です……申し訳ない申し訳ない申し訳ない 。(_ _。; )
(一応、お茶碗3杯分は食べていましたが;;;)




NEC_0149b.jpg




夕食後、送迎バスに乗り込んで、近くの高千穂神社へ。
1時間にわたる夜神楽を堪能してきました。
イザナギ様やイザナミ様に扮した踊り手に触れれば1年間幸福に過ごせるという事でして、イザナギ様に触れる事ができました♪
さて、1年間幸福に過ごせるでしょうか?
期待せず、自分でも頑張ってみようと思います(*^-^*)

旅館に戻ってから、展望浴場でまったり。
初日の日記を書いて寝よう~と思ったら。




圏外




なんだと……!?




おおおおおおおおおお(ノ><)ノ

確かに山の中だけど!! まさか無線が使えないなんて!!
阿蘇のふもとの村でさえ使う事ができたのに!!
黒部峡谷の時に利用した宿と違って、LANケーブルの貸し出し等のサービスもないので、ネット利用は完全に封じられてしまいました;;;
ま、まぁ……万が一の可能性を考えて、あらかじめ交通機関のダイヤなど、必要な情報は全部打ち出しておいてよかったです;;;
おとなしく寝よう…… 。(_ _。; )

さて、明日はいよいよ最終日。
神が舞い降りた地、高千穂を巡ります。
次回に続く!!
(旅の間にいただいたコメントなどは、旅日記の後の日記で返答させていただきますね♪ ありがとうございます<(_ _)>)
ムチャな弾丸旅程を組む事に定評のあるわんこの旅日記です♪
今回の旅先は九州。
毎年家族と、おばあちゃん家のある福岡に家族旅行に出かけるのですが、今年は仕事の日程との折り合いがつかず、おいらだけ置いて行かれる事になったんですよね。
しかし、そこで転んだままのおいらではないのです!
腹いせにおいらだけ個別に旅のプランを組んでしまいました 笑

ターゲットは、一生のうちに一度は行ってみたいと思っていた、阿蘇山と高千穂
そのついでに(ついで?)熊本市内を含めた2泊3日のプランで、九州の横断を図ります!

ところで……おいらは福岡以外九州の事はさほど詳しいわけではなく、ただ漠然と「阿蘇と高千穂に行きたい!」と思っていただけなんですよね。
改めて、阿蘇と高千穂の位置関係、そして交通手段およびそのダイヤなどを確認してみますと……不可能ではないですが、かなりムチャをやっています 笑
とにかく迅速に見るべき箇所を巡り、正確に交通手段を乗り継いでいかないと、目的地にたどり着く事さえも困難という;
やはり、ベストはマイカーもしくはレンタカーのようです。
公共交通機関だけで移動するのは、なかなかに手強いプランでした^^;

あ、それでですね。
ちょっと今回は日記の前に……。
おいらの旅の相棒を紹介したいと思います。
いつからかなぁ、たぶんおいらが本格的に旅人生を始めた8年前から一緒にいたと思います。
どこへ旅をするにも必ず同伴する、頼れるおいらの相棒です♪




NEC_0190b.jpg





おいらの愛杖・大山(だいせん)です。
おいらは山や谷など、大自然の中を旅する事がほとんどです。
足場確保のため、あるいはザイルの代わりとして、旅に行く際には必ず携帯しています。
長年、おいらと一緒に旅をして、各地の神社のお手水などを少しだけ拝借して、磨き上げてきた大事な相棒なのですよ♪
どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします♪(^_-

さて、導入が長くなってしまいましたが、1日目。
天気は曇り。
目的地は熊本です。
慣れない早起きをかろうじてこなし、毎度お世話になっている新幹線乗り場、新神戸駅へ急ぎます。
初めて乗ります、鹿児島まで直通のニュー新幹線、みずほ。
ここまではもう慣れたもんですよ♪
新幹線内では制作を行い、マップのリメイクをちゃちゃっと進めていきます^^
そうこうしている間に熊本到着!
あっという間の3時間でしたねー。

熊本に着いたおいら、初日最大の目的地である熊本城の位置を地図で確認。
意外と駅から遠かった。
そこでバスを使えばいいものを、おいらは基本、旅先でバスやタクシーを使う事はあまりありません
ただ観光名所を見て回るのもいいですが、おいらは旅先の空気や町並みや、人々の暮らしなどを見たり感じたりするのも好きで、特に必要を感じなければ歩くタイプです。
なので、熊本城へも歩いて行きました。
このスタイルのせいで後々、思わぬ罠に引っかかる事に……;;;

この熊本城ですが、地図上の直線距離で見る限りでは駅からそれほど離れているように見えないんですが、実際に歩いてみると路面電車に沿って凄まじく迂回させられるような形になっており、目的地へはかなり遠回りをさせられました。
現地の方なら近道などもご存じなのでしょうが、今日来たばかりの旅人がそんな道を知っているはずもなく……。
(注:おいらはとても幼い頃、家族とともに熊本城を訪れているはずなのですが、物心つく前の話なので「行った事がある」という記憶しかありません)




NEC_0105b.jpg




加藤清正の像に出迎えていただいてくぐった熊本城。
これは……きついですね;;;
戦争を想定して作られたお城というだけあって、傾斜はきついし遠回りをさせられるし……真夏だから汗が噴き出てきて、暑いのなんのって(゚Д゚;)
でも、日本三名城に恥じない雄姿を見られてよかったです^-^*



NEC_0107b.jpg
NEC_0108b.jpg
NEC_0112b.jpg
NEC_0113b.jpg




侍の格好をした人が歩いていたり……。
天守、本丸御殿ももちろん見てきました。こんなのが400年前に作られていたなんて……すごいですよねぇ。
天守にのぼる時にまた大変な量の汗をかく;;;

さて、時間があれば水前寺公園や、近くの日本庭園なども見に行きたかったのですが、お城で相当体力を削られたのと、電車の時間との兼ね合いもあるので、そちらの方はまたの機会にという事で、熊本駅の方へ戻り始めます。
戻り始めます。
もど……り……?




あれ? どっちから来たんだっけ? (・・?




しまった。

来た時とは違う出口から出てしまったために、熊本駅に戻る道が分からなくなってしまったのです;
右を見ても左を見ても。見覚えがあるようなないような……。
しかしまだ時間はあるしと、バスを使おうという判断にたどり着かなかったのが命取り。
深みにはまってしまい、残り時間はどんどん少なくなっていきます。
近くを歩いている人に熊本駅に戻る道を聞きつつ、来た道を探します。
タイムリミットは15時50分としていました。
ようやく覚えのある道に出て、熊本駅に戻っているうちに、この15時50分を過ぎてしまい……;;;
乗ろうと思っていた電車を逃してしまった、これで旅程に大きな狂いが出てしまう~……と思っていたら。




宮地行き 16:11




……!?

あ、あれ……? まだ発車してない……?




はい、乗る電車が15時50分過ぎだと、勝手に勘違いしていただけだったのです 笑
た、助かったーーー!!わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪
15時50分に熊本駅に着くつもりで急いでいたのですから、16時11分なら余裕で着けます♪ 問題なく間に合いまして、初日の宿のある阿蘇のふもとへ旅立つ事ができました^^+
さらに、水前寺公園などを諦めて引き上げたのが、さらなる奇跡を呼ぶ……。

阿蘇に向かう中途は田園風景が続くだけでしたので、爆睡タイムに入ります(笑 早起きは苦手ですし、熊本城で体力使いましたしねぇ……。
で爆睡しておりますと、空模様がだんだん怪しくなってきて、ついには激しい夕立に。
おいらは今回、折りたたみ傘しか持ってなかったんですよ。
天気予報で2、3日目は晴れである事を確認しておりましたし、初日は雨の予報だったけど、大雨が降るなんて聞いていなかったですし……。
しかしにわか雨。電車の中にいるうちにやんでしまい、目的地に着く頃にはすっかり上がっていてゲリラ豪雨を回避。

さて、初日の宿を地図で探します……。
車で約10分




…………。




…歩いて行こうか……




そういう思考が頭をよぎります。
車で10分なら、おいらの足なら30分です。
30分くらいなら、余裕で歩ける……と思ったんですが、もう暗くなってきておりましたし、初めての土地でそれはやめた方がいいかなと思い直し、素直にタクシーを利用。
こうして、初日の宿に到着♪
宿帳に記入をして、部屋に案内されようとした……その時。
雷の激しい轟音とともに、再度のゲリラ豪雨。




(´∀`)




…歩いて行こうとしていたらアウトでしたね;
雨乞い要らずとまで言われる極度の雨男であるおいらには非常に珍しい、まさに神回避。
水前寺公園を諦めた事で、こっちに幸運が回ってきました 笑
…かと思ったら、トイレの水が流れないトラブル発生。
最初に確認しておいてよかったですね;;;
すぐに部屋を変えてもらう事ができました。

部屋でひとしきりごろごろした後、夕食へ。




NEC_0114b.jpg




出てきたのはしゃぶしゃぶでした♪
このお肉がまた、ものすごくおいしいのです(。・w・。 )
おいらは旅先では朝食1食のみの宿泊プランを選択して、夕食は付近のお店で適当にとる事が多いのですが……今回は付近にお店がなさそうな雰囲気を出しておりましたゆえ、夕食付のプランを選択したところ、大当たりでしたね。
しっかりと堪能させていただきました♪

夕食後は露天風呂でまったり。
旅の疲れも吹き飛びましたー♪
しかし……さすがに制作ができるほどには体力が戻っておらず……明日からの旅の事も考えて、早めに寝よう♪




…眠れない;;;




別に不眠症とかじゃないですよ?(笑
ただ、おいらは前回の旅の時に、人生初の旅先寝坊をやらかしてしまっています
今回の旅路では旅先寝坊は致命的ですゆえ、気が張って眠れないのですね^^;;;
結果、無事に目が覚めましたが、熟睡できませんでした;;;

次回に続く!!(四次元風に)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。